Xelo

クセロReader ZERO
のご紹介

主な機能
動作環境
オンラインヘルプ










この製品にはクセロ PDFLibraryの技術が使われています
クセロReader ZERO
 
■動作環境

オペレーティング 
システム:
 Windows 2000 Professional (SP4) 日本語版
 Windows XP Professional (SP2/SP3) 日本語版
 Windows XP Home Edition (SP2/SP3) 日本語版
 Windows Vista (SP1)日本語版
 ※32bit CPU用OSのみ
CPU:  Intel Pentium III、またはこれと100%の互換性を持つプロセッサ
 (Pentium III 1.0GHz以上を推奨)
メモリ:  上記OSが必要とする最低メモリに加えて256MB(512MB以上の搭載を推奨)
ハードディスク:  100MB以上の空き容量


■注意事項

・本ソフトウェアを起動すると同時に最も左側のタブに広告を表示します。
・本ソフトウェアは最初に起動してから180日間ご利用頂けます。180日を経過した後は最新
 バージョンをダウンロードしてインストールして下さい。
.タイムスタンプ機能を利用する場合には、付属のルートCA証明書を必ずインストールして
 下さい。付属のルートCA証明書は、タイムスタンプの埋め込み/検証の際にサーバと接続
 するために必要な証明書です。
・『クセロReader ZERO』のタイムスタンプ機能は、アマノタイムビジネス株式会社がタイム
 スタンプ機能の評価のために無償公開しているサーバを利用します。このサーバは、有償で
 提供されているサービスと異なり、事前に通知されることなくサービスが停止する場合があり
 ますので、ご注意ください。
・『クセロReader ZERO』のタイムスタンプ機能は、アマノタイムビジネス株式会社が有償で
 提供しているタイムスタンプサービスには利用できません。
 有償で提供されているイムスタンプサービスのご利用については、『クセロReader ZERO』の
 機能を有する『瞬簡PDF Plus』などの有償製品による対応を予定しています。
・OCR処理について
 『クセロReader ZERO』はPDFファイルのページを一旦1枚の画像に変換し、これを対象と
 してOCR処理を行い、ページ上にここで変換した画像とOCR処理によって得られたテキストを
 配置した新しいPDFファイルとして出力します。
 すべてのページの内容が画像に変換されるため、OCR処理によって出力されるPDFファイルが、
 処理対象となるPDFファイルと比較して非常に大きくなることがあります。


■制限事項

クセロReader ZERO には以下の制限事項があります。

・『クセロReader ZERO』で利用できる各種編集機能(ページ編集、アノテーション、セキュリ
 ティ設定、しおり など)は操作をすることは可能ですが編集結果を保存することはできません。
 編集した結果を保存するには『瞬簡PDF Plus Ver.2』をお買い求めください。


・編集/セキュリティ設定の変更が可能なPDFファイルは、「クセロPDF2」などクセロ製品を
  用いて出力された、セキュリティが設定されていないファイルに限ります。

・PDFファイルに添付されている(埋め込まれている)ファイルにはアクセスできません。

・Acrobat JavaScriptをサポートしていません。

・ムービーやサウンドなどマルチメディア再生機能をサポートしていません。
 (ムービーの場合には、ポスターフレームが表示されます。)

・PDFファイルを開く際、ファイルに設定されている聞き方は無視され、「ツール」メニュー
 のコマンド「開き方の設定...」の設定に従って開かれます。

・他のPDFファイルを閲覧可能なソフトウェアで表示したものと、表示状態が異なる場合が
 あります。

・セキュリティ設定されているPDFファイルを編集することができません。PDFファイルを
 編集する場合には、編集する権限を検証するためのマスタパスワードを入力する必要があ
 ります。但し編集したPDFを保存することはできません。

・本ソフトウェアは、日本語OS専用です。海外版OS、また海外版OSに日本語リソースを導入
 した環境での動作保証はいたしません。

・クセロReader ZEROは、1日(午前0時から、23時59分59秒までの間)に最大で5つのPDF
 ファイルをOCR処理、またはOfficeファイルに変換することができます。この数を超えてOCR
 処理、またはOfficeファイルに変換することができませんのでご注意ください。

・クセロReader ZEROを用いてPDFファイルに直接変換できる画像形式は、以下の通りです。
 またアルファチャンネルをもつ画像には対応していません。

ファイルの種類
拡張子
備考
ビットマップ .BMP  
JPEG .JPG カラーモデルが、RGBまたは、Grayscaleのいずれかであること。
JPEG2000 .J2K、
.JP2
カラーモデルが、RGBまたは、Grayscaleのいずれかであること。
PNG .PNG カラーモデルが、白黒2値/Grayscale/RGBのいずれかであること。
TIFF .TIF カラーモデルが、白黒2値/Grayscale/RGB/CMYK/Labのいずれかであること。
圧縮形式が、非圧縮/CCITT G3 FAX/CCITT G4 FAX/JPEG/LZW/Packbits/RLE/ZIPのいずれかであること。



Foxit PDF SDK (c) 2009 Foxit Software Company
※クセロは株式会社クセロの登録商標です。
※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの、米国およびその他の国におけ
 る登録商標または商標です。
※Adobe、Acrobatは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の登録商標です。
※Yahoo!とYahoo!のロゴマークは、米国ヤフーの登録商標または商標であり、ヤフー株式会社
 はこれらに関する権利を保有しています。
※アマノタイムビジネスはアマノ株式会社の登録商標または商標です。
※その他記載されている会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

瞬簡シリーズ トップページ
総合トップPDF関連製品クセロについてプライバシーポリシー
Copyright Xelo, Inc. All right reserved.
 
総合トップ クセロPDF/瞬簡シリーズ トップページ PDF関連製品 クセロについて