総合トップ PDF関連製品トップ 販売店の皆様へ サイトマップ
製品ラインナップ ユーザーサポート 体験版ダウンロード 製品の購入 お問合せ
PDF関連製品ページ トップユーザーサポート トップ
ユーザーサポート

現在、アップデータ/アップグレードドライバを配布している製品をお知らせします。
インストール方法については、ダウンロードしたファイルにあるドキュメントをご参照ください。

瞬簡PDF
2009.11.11 瞬簡PDF3(ver.3.0.1)
2009.07.24 瞬簡PDF3 (配布終了)
2008.11.12 瞬簡PDF Ver. 2.1.0
2007.12.04 瞬簡PDF Ver. 2.0.1 (配布終了)
2007.06.22 瞬簡PDF Ver. 2.0.0 (配布終了)
2005.10.20 瞬簡PDF Ver. 1.0.4
瞬簡PDF Plus
2009.11.11 瞬簡PDF Plus3(ver.3.0.1)
2009.09.04 瞬簡PDF Plus Ver.2.0.2
2009.07.24 瞬簡PDF Plus3
(配布終了)
2008.11.12 瞬簡PDF Plus Ver.2.0.0 (配布終了)
2007.12.04 瞬簡PDF Plus Ver.1.5.0
瞬簡ピピッとファイルガード(旧:瞬簡ロック)
2006.04.13 瞬簡ピピッとファイルガード Ver.2.0.1
2006.02.01 瞬簡ピピッとファイルガード Ver.2.0.0(配布終了)
瞬簡ファイリング for PDF
2009.03.13 瞬簡ファイリング for PDF Ver. 2.0.0 (配布終了)
2005.10.20 瞬簡ファイリング for PDF Ver. 1.0.4
2005.08.17 瞬簡ファイリング for PDF Ver. 1.0.3
2005.04.23 瞬簡ファイリング for PDF Ver. 1.0.2 (配布終了)
瞬簡メール便
2006.04.13 瞬簡メール便 Ver.1.0.1
ePware
2009.03.13 ePware → 瞬簡ファイリング Ver.2.0.0 (配布終了)
2005.05.31 ePware Ver. 2.2.3 (『読んde!!ココ Ver.11 ファイリングOCR』同梱製品)
2005.04.23 ePware Ver. 2.2.3
2004.08.10 ePware Ver. 2.2.1 Xelo PDF生成ドライバーバンドル版
2004.08.10 ePware Ver. 2.2.1
クセロ PDF OCR
2005.04.23 PDF OCR Ver. 1.50
2003.10.03 PDF OCR Ver. 1.38 (配布終了)
クセロ PDFTools(旧:製薬業向けPDF編集加工ツール)
2009.04.17 PDFTools Ver. 4.0 (配布終了)
2007.02.13 PDFTools Ver. 3.0.2
2006.02.14 PDFTools Ver. 3.0.1
2005.12.01 PDFTools Ver. 3.0(配布終了)
2005.03.31 PDFTools Ver. 2.21(旧:製薬業向けPDF編集加工ツール) (配布終了)
サポート終了製品はこちら
  瞬簡PDF

アップグレード 瞬簡PDF3 ■2009.07.24
無償 こちらのアップグレードサービスは終了しました。
瞬簡PDF Ver.2.x の正規登録ユーザ様に対して、有償にて最新版の「瞬簡PDF3」または「瞬簡PDF Plus3」 ヘのアップグレードを受付け致します。
 
【追加/修正内容】
1.)PDF変換ドライバ「Antenna House PDF Driver V4.0 Professional」に置き換
  え、PDF作成機能を強化しました。

 ・Windows32ビット版/64ビット版OSに対応
 ・ISO 32000-1準拠のPDF作成に対応
 ・PDF/A-1b作成機能を搭載
 ・PDF1.7作成に対応

2.)Microsoft Word/Excel/PowerPointのアドインボタンで、簡単にPDFを作成が
  可能になりました。

3.)その他、操作の改善

【アップグレードの対象】
瞬簡PDF Ver.2.x
※2009年6月1日以降に「瞬簡PDF Ver.2.x」をご購入頂いたお客様には無料でアップグレードいたします。(2009年6月1日以降にご購入いただいた証明となるものが必要になります。)
※「瞬簡PDF Ver.2.x」から「瞬簡PDF Plus3」への無償アップグレードは行っておりません。
※無料製品の「瞬簡PDF ZERO」はアップグレードの対象ではありませんのでご注意下さい。

【アップグレードの受付期間】

2009年9月30日まで


 

▲ページのトップへ
アップグレード 瞬簡PDF Ver.2.1.0 ■2008.11.12
無償 瞬簡PDF の正規登録ユーザ様に対して、最新版のVer. 2.1.0 を無償配付いたします。
 
【追加/修正内容】

PDF変換ドライバ
・印刷設定の「標準」タブの「用紙サイズ」において、カスタムサイズが登録できる
 ようになりました。
・Office文書ファイル変換において、Excelのセルなどの網かけが表現できるように
 なりました。
・印刷設定の「PDF設定」の保存先フォルダに、存在しないフォルダが指定された場合、
 新規にフォルダを作成し出力するようにしました。
・Office2007においてメタファイルを貼り付けた部分が真っ黒になる問題を修正
 しました。

ツール
・「ページ削除」機能を追加しました。
・「印刷」機能を追加しました。
・「セキュリティ設定」機能において、Acrobat 7.xでサポートされた
 128-bit AESによるセキュリティに対応しました。
・「作成」機能において、PDFに変換可能な画像の形式が増えました。


【アップデートの対象】
瞬簡PDF Ver.2.x

【アップグレード方法】

ユーザ登録していただいた電子メールアドレス、またはFAXに、アップグレード製品のダウンロードによる配付についてのご案内をお送りしております。アップグレードの方法について詳しくは、お手元に送付された電子メール/FAXをご覧ください。

まだこちらについてのお知らせが届いていないユーザ様は、当Webサイトの製品サポートフォームよりご請求ください

 


▲ページのトップへ
アップグレード 瞬簡PDF Ver.2.0.1 ■2007.12.04
無償 こちらのアップグレードサービスは終了しました。
瞬簡PDF の正規登録ユーザ様に対して、最新版のVer. 2.0.1 を無償配付いたします。
 
【修正内容】
PDF変換ドライバ
・外字出力が可能になりました。
・変換されたフォントがオリジナルとは異なる不具合を修正しました。
・JIS2004対応フォントがインストールされている環境で文字化けが発生する不
 具合を修正しました。
・「印刷設定」ダイアログの「セキュリティ設定」タブにおいて、「セキュリ
 ティレベル」が「高(128-bit RC4)」である場合の、「変更を許可」、「印刷」
 それぞれの選択肢の項目名称を変更しました。
・「印刷設定」ダイアログの「標準」タブにおいて、「用紙サイズ」を「カスタム
 用紙」にした場合、幅と高さの設定ダイアログの設定値単位を「0.1mm」から
 「mm」単位に変更しました。
・「印刷設定」ダイアログの「PDF設定」タブにおいて、ジョブオプション編集ダ
 イアログの「フォント」タブで、「常に埋め込むフォント」、「常に埋め込まな
 いフォント」に選択したフォントが正しく登録されない不具合を修正しました。
・白黒画像において、変換結果の白と黒が反転する場合がある不具合を修正しました。
・テキストの拡大縮小、回転、ゆがみが正しく表示されない場合がある不具合を修
 正しました。
・処理速度を改善しました。
・「クセロPDF2」が出力するPDFファイルのバージョンは、Ver.1.4です。

ツール
・フォルダ・パスやファイル・パスの指定方法を変更しました。デフォルトでは、
 直接入力はできません。直接入力の可・不可は、「設定」メニューの「オプ
 ション」ダイアログで切り替えることができます。エクスプローラなどからの
 ドラッグ&ドロップによる指定は可能です。
・「作成」タブにおいて、「結合後、作成された元のPDFを削除する」チェック
 ボックスを追加しました。

【アップデートの対象】
瞬簡PDF Ver.2.0.0

 


▲ページのトップへ

アップグレード 瞬簡PDF Ver.2.0.0 ■2007.06.22
無償 こちらのアップグレードサービスは終了しました。
瞬簡PDF の正規登録ユーザ様に対して、有償にて最新版のVer. 2.0.0 ヘのアップグレードを受付け致します。
また、ご希望により「瞬簡PDF Plus」ヘのアップグレードも受付け致します。
 
【追加/修正内容】
全体
・Windows Vista に対応しました。※32bit CPU用OSのみ
・2007 Microsoft Office system(Word 2007/Excel 2007/PowerPoint 2007)に対応しました。

PDF変換ドライバ
・PDF変換ドライバがクセロPDF2 になり、生成速度が大幅に向上しました。
・ジョブオプションによる変換設定のカスタマイズが可能になりました。
・画質の設定がより詳細に設定できるようになりました。

ツール
・一括出力ツールと編集ツールが統合され、一つのアプリケーションになりました。
・一括出力時にPDFファイルを結合する機能を追加しました。
・一括出力時に作成したPDFファイルをメールに添付する機能を割愛しました。
・ファイルを右クリックして「瞬簡出力に送る」機能を割愛しました。
・ショートカットアイコンにドラッグ&ドロップしてファイルを登録する機能を割愛しました。

【アップグレードの対象】
瞬簡PDF Ver.1.x
※無料製品の「瞬簡PDF ZERO」はアップグレードの対象ではありませんのでご注意下さい。

 


▲ページのトップへ

アップグレード 瞬簡PDF Ver.1.0.4 ■2005.10.20
無償 瞬簡PDF の正規登録ユーザ様に対して、最新版のVer. 1.0.4 を無償配付いたします。
 
【修正内容】
PDF変換ドライバのバージョンアップ

【アップデートの対象】
瞬簡PDF Ver.1.0

【アップグレード方法】

ユーザ登録していただいた電子メールアドレス、またはFAXに、アップグレード製品のダウンロードによる配付についてのご案内をお送りしております。アップグレードの方法について詳しくは、お手元に送付された電子メール/FAXをご覧ください。

まだこちらについてのお知らせが届いていないユーザ様は、当Webサイトの製品サポートフォームよりご請求ください

 

▲ページのトップへ
  瞬簡PDF Plus

アップグレード 瞬簡PDF Plus3 ■2009.07.24
無償 こちらのアップグレードサービスは終了しました。
瞬簡PDF Plus Ver.2.0 の正規登録ユーザ様に対して、有償にて最新版の「瞬簡PDF Plus3」 ヘのアップグレードを受付け致します。
 
【追加/修正内容】
ご注意:
「瞬簡PDF Plus3」では以下の機能について刷新および割愛しております。アップグレードをお考えのお客様は、機能差異(特に割愛した機能)項目をよくお読みになりご理解の上アップグレード、または製品をご購入頂けるようお願い申しあげます。

1.)PDF変換ドライバ「Antenna House PDF Driver V4.0 Professional」に置き換
  え、PDF作成機能を強化しました。

 ・Windows32ビット版/64ビット版OSに対応
 ・ISO 32000-1準拠のPDF作成に対応
 ・PDF/A-1b作成機能を搭載
 ・PDF1.7作成に対応

2.)Microsoft Word/Excel/PowerPointのアドインボタンで、簡単にPDFを作成が
  可能になりました。

3.)PDF閲覧ソフト「クセロReader」から以下の機能を割愛しました。

 ・Yahoo!検索機能
 ・割符PDFの閲覧機能
 ・タイムスタンプ機能

4.)その他、不具合の改善

【アップグレードの対象】
瞬簡PDF Plus Ver.2.x
※2009年6月1日以降に「瞬簡PDF Plus Ver.2.x」をご購入頂いたお客様には無料でアップグレードいたします。(2009年6月1日以降にご購入いただいた証明となるものが必要になります。)
※無料製品の「瞬簡PDF ZERO」はアップグレードの対象ではありませんのでご注意下さい。

【アップグレードの受付期間】

2009年9月30日まで


 


▲ページのトップへ
アップグレード 瞬簡PDF Plus Ver.2.0.2 ■2009.09.04
無償 瞬簡PDF Plus Ver.2.0の正規登録ユーザ様に対して、Ver. 2.0.2 を無償配付いたします。
 
【修正内容】
PDFビューア
・細工が施されたPDFファイルなどを開くことによって、任意のコードを実行するこ
 とができる脆弱性を修正しました。
・PDF ファイル内のリンクをクリックした際、確認ダイアログを表示することなく
 任意のファイルや URL を開いてしまう脆弱性について、確認ダイアログを表示す
 るように修正しました。
・ページ回転を行ったときに正しい角度で保存されるように修正しました。
・拡張子の関連付け機能について修正しました。
・タイムスタンプが付与された PDF ファイル処理の際にエラーが発生した場合の
 セキュリティ設定に関する不具合について修正しました。
・画像から PDF ファイルを作成する場合、また OCR 処理を行う場合に作成される
 PDF ファイルがユーザグループ「Everyone」のフルコントロール権限で作成され
 ていたものを、ログオンしているアカウントのセキュリティ権限を優先して作成す
 るように修正しました。
・アプリケーションの「開く」メニューを用いて開いた PDF ファイルにOCR 処理を
 行った場合、出力される PDF ファイルに OCR の処理によって得られたテキストが
 埋め込まれない不具合を修正しました。
・OCR 処理対象となる PDF ファイル、その結果、出力される PDF ファイルの縦横の
 サイズが一致するように修正しました。
・画像を開いて PDF ファイルに変換する際の解像度を 72 dpi から 96dpiに変更し
 ました。
・一部のダイアログの表示スタイルを変更するなど、ユーザーインターフェイスにつ
 いての不具合を修正しました。

【アップデートの対象】
瞬簡PDF Plus Ver.2.0.0およびVer.2.0.1

【アップグレード方法】

ユーザ登録していただいた電子メールアドレスに、アップグレード製品のダウンロードによる配付についてのご案内をお送りしております。アップグレードの方法について詳しくは、お手元に送付された電子メールをご覧ください。

まだこちらについてのお知らせが届いていないユーザ様は、当Webサイトの製品サポートフォームよりご請求ください

 


▲ページのトップへ
アップグレード 瞬簡PDF Plus Ver.2.0.0 ■2008.11.12
無償 こちらのアップグレードの配布は終了しました。
瞬簡PDF Plus の正規登録ユーザ様に対して、有償にて最新版のVer. 2.0.0 ヘのアップグレードを受付け致します。
 
【追加/修正内容】
PDFビューア
・セキュリティ設定がされていないPDFファイルへのハイライトなどの各種注釈、
 フォームフィールドの編集機能が追加されました。
・開いているPDFファイルに対してOCR処理ができるようになりました。OCR結果を
 透明色のテキストで埋め込んだPDFファイルが出力されます。
・開いているPDFファイルを一旦画像に変換したものをOCR処理することでMicrosoft
 Office形式(Excel/Word/PowerPoint)ファイルへの変換機能を追加しました。
・Acrobat 7.xでサポートされた128-bit AESによるセキュリティに対応しました。
・しおりに設定可能なアクションの種類が追加されました。
・PDFに変換可能な画像形式が増えました。
・日立ビジネスソリューション株式会社の「PDF on 割符」によって生成された割符
 PDFファイル(拡張子:W1、W2)の閲覧に対応しました。

PDF変換ドライバ
・印刷設定の「標準」タブの「用紙サイズ」において、カスタムサイズが登録できる
 ようになりました。
・Office文書ファイル変換において、Excelのセルなどの網かけが表現できるように
 なりました。
・印刷設定の「PDF設定」の保存先フォルダに、存在しないフォルダが指定された場合、
 新規にフォルダを作成し出力するようにしました。
・Office2007においてメタファイルを貼り付けた部分が真っ黒になる問題を修正
 しました。

ツール
・「ページ削除」機能を追加しました。
・「印刷」機能を追加しました。
・「セキュリティ設定」機能において、Acrobat 7.xでサポートされた
 128-bit AESによるセキュリティに対応しました。
・「作成」機能において、PDFに変換可能な画像の形式が増えました。

【アップグレードの対象】
瞬簡PDF Plus Ver.1.x
瞬簡PDF Ver.2.x
※2008年9月、10月、11月に「瞬簡PDF Plus Ver.1.x」をご購入頂いたお客様には無料でアップグレードいたします。(2008年9月、10月、11月にご購入いただいた証明となるものが必要になります。)
※無料製品の「瞬簡PDF ZERO」はアップグレードの対象ではありませんのでご注意下さい。

【アップグレードの受付期間】

2009年1月31日まで

 

▲ページのトップへ
アップグレード 瞬簡PDF Plus Ver.1.5.0 ■2007.12.04
無償 瞬簡PDF Plusの正規登録ユーザ様に対して、最新版のVer. 1.5.0 を無償配付いたします。
 
【修正内容】
PDFビューア
・しおりの編集機能を追加しました。新規作成、名前の変更、移動、削除ができます。
・PDFの文書セキュリティの種類を変更できるようにしました。
・「ファイル」メニューに「セキュリティ解除」メニューを追加しました。PDFの
 文書セキュリティを解除(削除)することができます。
・画像ファイル(bitmap,JPEG,TIFF,PNG)をPDFに変換する機能を追加しました。
・あらかじめパスワードを登録しておくことで、文書を開くパスワードが設定され
 ているPDFファイルを、パスワードを入力することなく開くことができます。
・文書情報を表示できるようにしました。
・サムネイル・ウィンドウにおいて、ページの回転用メニューを
  「右に90度回転」、「左に90度回転」、「180度回転」
 の3つに分岐しました。
・サムネイル・ウィンドウにおいて、回転処理を修正しました。選択されている
 複数ページがすべて回転できるようになりました。
・しおり・ウィンドウ、サムネイル・ウィンドウの幅調整ができるようになりました。
・アマノタイムビジネス株式会社のタイムスタンプがご利用いただけます。
・「ツール」メニューを追加しました。「拡張子の関連付け」、「開き方設定」、
 「タイムスタンプサーバーの変更」ができます。
・「Yahoo!検索/文書検索モード切り替え」機能を追加しました。
・「Y!」ツールボタンを追加しました。クリックすると、Yahoo!トップページが
 表示されます。
・「ファイル」メニューの「文書セキュリティの解除」メニュー名を、「マスタ
 パスワード認証」に変更しました。
・「表示」メニューに「サムネイル高速表示」メニューを追加しました。メニュー
 をクリックしてメニュー名にチェックがついている状態のときにサムネイル・
 ウィンドウを表示させた場合、ページの内容が簡略化されて表示されます。
 初期値は、高速表示を行わない設定です。
・「ヘルプ」メニューに「最新バージョンを確認」メニューを追加しました。

PDF変換ドライバ
・外字出力が可能になりました。
・変換されたフォントがオリジナルとは異なる不具合を修正しました。
・JIS2004対応フォントがインストールされている環境で文字化けが発生する不
 具合を修正しました。
・「印刷設定」ダイアログの「セキュリティ設定」タブにおいて、「セキュリ
 ティレベル」が「高(128-bit RC4)」である場合の、「変更を許可」、「印刷」
 それぞれの選択肢の項目名称を変更しました。
・「印刷設定」ダイアログの「標準」タブにおいて、「用紙サイズ」を「カスタム
 用紙」にした場合、幅と高さの設定ダイアログの設定値単位を「0.1mm」から
 「mm」単位に変更しました。
・「印刷設定」ダイアログの「PDF設定」タブにおいて、ジョブオプション編集ダ
 イアログの「フォント」タブで、「常に埋め込むフォント」、「常に埋め込まな
 いフォント」に選択したフォントが正しく登録されない不具合を修正しました。
・白黒画像において、変換結果の白と黒が反転する場合がある不具合を修正しました。
・テキストの拡大縮小、回転、ゆがみが正しく表示されない場合がある不具合を修
 正しました。
・処理速度を改善しました。
・「クセロPDF2」が出力するPDFファイルのバージョンは、Ver.1.4です。

ツール
・フォルダ・パスやファイル・パスの指定方法を変更しました。デフォルトでは、
 直接入力はできません。直接入力の可・不可は、「設定」メニューの「オプ
 ション」ダイアログで切り替えることができます。エクスプローラなどからの
 ドラッグ&ドロップによる指定は可能です。
・「作成」タブにおいて、「結合後、作成された元のPDFを削除する」チェック
 ボックスを追加しました。

【アップデートの対象】
瞬簡PDF Plus Ver.1.0.0

【アップグレード方法】

ユーザ登録していただいた電子メールアドレス、またはFAXに、アップグレード製品のダウンロードによる配付についてのご案内をお送りしております。アップグレードの方法について詳しくは、お手元に送付された電子メール/FAXをご覧ください。

まだこちらについてのお知らせが届いていないユーザ様は、当Webサイトの製品サポートフォームよりご請求ください

 

▲ページのトップへ
  瞬簡ピピッとファイルガード(旧:瞬簡ロック)

アップデータ 瞬簡ピピッとファイルガード Ver.2.0.1 ■2006.04.13
無償 瞬簡ピピッとファイルガードの正規登録ユーザ様に対して、新バージョンとなる瞬簡ピピッとファイルガード Ver.2.0.1を無償配付いたします。
 
【追加・修正内容】
1.)Zip 形式で特定の文字を含むファイルを暗号化した場合に、圧縮ファイル中に保存されるファイル名の一部が欠落する問題を修正
2.)暗号化対象フォルダ中にシステム属性を持つサムネイルデータファイル(Thumbs.db)やDesktop.iniが含まれる場合、これを無視して暗号化を行うよう変更
3.)コンテキストメニュー「送る」に暗号化ファイルのメール添付を行うため専用のショートカットを追加
4.)「専用アイコン」で使用していた拡張子を次期 Officeの拡張子との重複を回避する為、変更

【アップデートの対象】
瞬簡ロック、瞬簡ピピッとファイルガード

【アップデート方法】

ユーザ登録していただいた電子メールアドレス、またはFAXに、アップデート製品のダウンロードによる配付についてのご案内をお送りしております。アップデートの方法について詳しくは、お手元に送付された電子メール/FAXをご覧ください。

まだこちらについてのお知らせが届いていないユーザ様は、当Webサイトの製品サポートフォームよりご請求ください
※バージョンアップされるお客様へ


▲ページのトップへ

アップグレード 瞬簡ピピッとファイルガード Ver.2.0.0 ■2006.02.01
無償 こちらのアップグレードの配布は終了しました。
瞬簡ロックの正規登録ユーザ様に対して、後継バージョンとなる瞬簡ピピッとファイルガード Ver.2.0.0を無償配付いたします。
 
【追加・修正内容】
1.)製品名称を「瞬簡ピピッとファイルガード」に改変しました。
2.)ICカード連携しました。
3.)一般的によく使用するアプリケーションのファイルについては、専用のアイコンと拡張子を設定できるようにしたことで、元ファイルがわかりやすいようになりました。また、これらのファイルをダブルクリックすると復号後、自動で該当するアプリケーションを起動してファイルを開きます。

【アップデートの対象】
瞬簡ロック

▲ページのトップへ
  瞬簡ファイリング for PDF

アップグレード 瞬簡ファイリング Ver.2.0.0 ■2009.03.13
無償 こちらのアップグレードサービスは終了しました。
瞬簡ファイリング/ePware/ePware Lite の正規登録ユーザ様に対して、有償にて瞬簡ファイリングの最新版 Ver. 2.0.0 のご優待販売を実施します。
 
【主なバージョンアップの内容】
ご注意:
「瞬簡ファイリング Ver.2」では以下の機能について刷新、追加および割愛しております。「ePware」、「瞬簡ファイリング Ver.1.x」からのアップグレード購入や、前述した製品の機能をご覧になって「瞬簡ファイリング Ver.2」のご購入をお考えのお客様は、機能差異(特に割愛した機能)項目をよくお読みになりご理解の上アップグレード、または製品をご購入頂けるようお願い申しあげます。

●主なバージョンアップの内容

【全体】
1.)Windows Vistaに対応しました。
2.)Adobe Acrobat/Adobe Readerが不要になり、単独のアプリケーションとして動作
  するようになりました。
3.)画面上での操作が、よりおこないやすいようにメニューやボタンの改善、その他機能
  を追加しました。
4.)表示しているフォルダの種類がわかりやすいように、背景の色などのデザイン変更が可能
  になりました。
5.)2007 Microsoft Office system に対応しました。

【PDF作成】
1.)PDF生成仮想プリンタドライバが「クセロPDF2」にバージョンアップし、変換速度が大幅
  に速くなり、変換品質も向上しました。
2.)OCR(光学文字認識処理)エンジンを、パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社
  カラーOCRライブラリ ver.12に変更しました。

【文書管理】
1.)文書を一覧表示するエリアにフィルタ機能を追加しました。これにより、多くの文書が一覧
  表示されている場合などに、ファイル名や文書情報に含まれるキーワードを利用して絞り
  込んで表示することが可能です。
2.)一覧のサムネイル表示のサイズをスライドバーを利用して指定することができるようになり
  ました。

【閲覧】
1.)独自の高速PDFビューアを実装しました。
2.)PDFビューアを「瞬簡ファイリングのビューア」「クセロReader」「システム既定の
  PDFビューア」から選んで利用することができるようになりました。

【検索】
1.)検索条件をフォルダ化することが可能になりました。これにより登録した検索条件*
  検索されたファイルを仮想的なフォルダにまとめて一覧表示することが可能になりました。
  *検索条件の対象は文書情報のみ

【その他】
1.)PDFに対するOCRの精度が向上しました。
2.)ワークパレットの作業状態を保存できるようになりました。
4.)スキャナからの取り込み時の画像形式を次の形式から選択して指定できるようになりました。
  ビットマップ、JPEG、TIFF(マルチページ可)
5.)テキスト出力がUNICODEに対応しました。
6.)PDFパッケージから、および添付されたファイルの取り出しが可能になりました。
7.)起動時間が速くなりました。


【割愛した機能】
1.)キャビネットを共有する機能を割愛しました。
2.)ワークパレットからページ番号を付与する機能を割愛しました。
3.)外部のOCRエンジンとの連携機能を割愛しました。
4.)ocrpdfおよびOCR結果をRTF形式で保存する機能を割愛しました。
5.)連携出力機能からPragma WebFiler/SharePointPortalServerへの出力機能を割愛しました。
6.)Acrobat連携でPDF変換していた時と比べて、一部の画像形式が直接登録できなくなりました。
  (確認済登録不能形式:GIF/PCX、TIFFやPNGの一部形式)

【アップグレードの対象】
瞬簡ファイリング Ver.1.x
ePware
ePware Lite

【アップグレード受付期間】

2009年4月30日まで

 


アップグレード 瞬簡ファイリング for PDF Ver.1.0.4 ■2005.10.20
無償 瞬簡ファイリング for PDF の正規登録ユーザ様に対して、最新版のVer. 1.0.4 を無償配付いたします。
 
【修正内容】
PDF変換ドライバのバージョンアップ

【アップデートの対象】
瞬簡ファイリング for PDF Ver.1.0.0/1.0.1/1.0.2/1.0.3

【瞬簡ファイリングのバージョンの確認方法】

瞬簡ファイリングのバージョンは、瞬簡ファイリングのキャビネットウィンドウの「ヘルプ」メニューから、「バージョン情報」を選択して表示されるスプラッシュ画面の左上に表示されます。


スプラッシュ画面
スプラッシュ画面
製品のバージョン
製品のバージョン
(スプラッシュ画面 
 左肩の赤枠の部分)

【アップグレード方法】

ユーザ登録していただいた電子メールアドレス、またはFAXに、アップグレード製品のダウンロードによる配付についてのご案内をお送りしております。アップグレードの方法について詳しくは、お手元に送付された電子メール/FAXをご覧ください。

まだこちらについてのお知らせが届いていないユーザ様は、当Webサイトの製品サポートフォームよりご請求ください

 

▲ページのトップへ
アップデータ 瞬簡ファイリング for PDF Ver.1.0.3 ■2005.08.17
    [ 約 6.7 MB ] ダウンロード
 
【修正内容】
Adobe Readerを用いている環境でOCR処理を実行すると、処理対象となる文書ファイルに対応する PDFファイルのページ左上の、OCRによって生成されるテキストが「表示」された状態で埋め込まれる問題を解決。

【アップデートの対象】
瞬簡ファイリング for PDF Ver.1.0.0/1.0.1/1.0.2

【瞬簡ファイリングのバージョンの確認方法】

瞬簡ファイリングのバージョンは、瞬簡ファイリングのキャビネットウィンドウの「ヘルプ」メニューから、「バージョン情報」を選択して表示されるスプラッシュ画面の左上に表示されます。


スプラッシュ画面
スプラッシュ画面
製品のバージョン
製品のバージョン
(スプラッシュ画面 
 左肩の赤枠の部分)

 

▲ページのトップへ
アップデータ 瞬簡ファイリング for PDF Ver.1.0.2 ■2005.04.23
  こちらのアップグレードの配布は終了しました。
 
【修正内容】
Adobe Acrobat 7.0 Standard/Professional、Adobe Reader 7.0 に対応

 

  瞬簡メール便

アップデータ 瞬簡メール便 Ver.1.0.1 ■2006.04.13
無償 瞬簡メール便の正規登録ユーザ様に対して、新バージョンとなる瞬簡メール便 Ver.1.0.1を無償配付いたします。
 
【追加・修正内容】
1.)Vodafone に対応しました。
2.)メールの件名と本文の文字コードを変更しました。
3.)添付ファイル名の文字コード指定を追加しました。

【アップデートの対象】
瞬簡メール便

【アップデート方法】

ユーザ登録していただいた電子メールアドレス、またはFAXに、アップデート製品のダウンロードによる配付についてのご案内をお送りしております。アップデートの方法について詳しくは、お手元に送付された電子メール/FAXをご覧ください。

まだこちらについてのお知らせが届いていないユーザ様は、当Webサイトの製品サポートフォームよりご請求ください

▲ページのトップへ
  ePware

アップグレード 瞬簡ファイリング Ver.2.0.0 ■2009.03.13
無償 こちらのアップグレードの配布は終了しました。
ePware、ePware Lite の正規登録ユーザ様に対して、有償にて同機能を持つ瞬簡ファイリング の最新版 Ver. 2.0.0 のご優待販売を実施します。
 
【主なバージョンアップの内容】
ご注意:
「瞬簡ファイリング Ver.2」では以下の機能について刷新、追加および割愛しております。「ePware」、「瞬簡ファイリング Ver.1.x」からのアップグレード購入や、前述した製品の機能をご覧になって「瞬簡ファイリング Ver.2」のご購入をお考えのお客様は、機能差異(特に割愛した機能)項目をよくお読みになりご理解の上アップグレード、または製品をご購入頂けるようお願い申しあげます。

●主なバージョンアップの内容

【全体】
1.)Windows Vistaに対応しました。
2.)Adobe Acrobat/Adobe Readerが不要になり、単独のアプリケーションとして動作
  するようになりました。
3.)画面上での操作が、よりおこないやすいようにメニューやボタンの改善、その他機能
  を追加しました。
4.)表示しているフォルダの種類がわかりやすいように、背景の色などのデザイン変更が可能
  になりました。
5.)2007 Microsoft Office system に対応しました。

【PDF作成】
1.)PDF生成仮想プリンタドライバが「クセロPDF2」にバージョンアップし、変換速度が大幅
  に速くなり、変換品質も向上しました。
2.)OCR(光学文字認識処理)エンジンを、パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社
  カラーOCRライブラリ ver.12に変更しました。

【文書管理】
1.)文書を一覧表示するエリアにフィルタ機能を追加しました。これにより、多くの文書が一覧
  表示されている場合などに、ファイル名や文書情報に含まれるキーワードを利用して絞り
  込んで表示することが可能です。
2.)一覧のサムネイル表示のサイズをスライドバーを利用して指定することができるようになり
  ました。

【閲覧】
1.)独自の高速PDFビューアを実装しました。
2.)PDFビューアを「瞬簡ファイリングのビューア」「クセロReader」「システム既定の
  PDFビューア」から選んで利用することができるようになりました。

【検索】
1.)検索条件をフォルダ化することが可能になりました。これにより登録した検索条件*
  検索されたファイルを仮想的なフォルダにまとめて一覧表示することが可能になりました。
  *検索条件の対象は文書情報のみ

【その他】
1.)PDFに対するOCRの精度が向上しました。
2.)ワークパレットの作業状態を保存できるようになりました。
4.)スキャナからの取り込み時の画像形式を次の形式から選択して指定できるようになりました。
  ビットマップ、JPEG、TIFF(マルチページ可)
5.)テキスト出力がUNICODEに対応しました。
6.)PDFパッケージから、および添付されたファイルの取り出しが可能になりました。
7.)起動時間が速くなりました。


【割愛した機能】
1.)キャビネットを共有する機能を割愛しました。
2.)ワークパレットからページ番号を付与する機能を割愛しました。
3.)外部のOCRエンジンとの連携機能を割愛しました。
4.)ocrpdfおよびOCR結果をRTF形式で保存する機能を割愛しました。
5.)連携出力機能からPragma WebFiler/SharePointPortalServerへの出力機能を割愛しました。
6.)Acrobat連携でPDF変換していた時と比べて、一部の画像形式が直接登録できなくなりました。
  (確認済登録不能形式:GIF/PCX、TIFFやPNGの一部形式)

【アップグレードの対象】
瞬簡ファイリング Ver.1.x
ePware
ePware Lite

【アップグレード受付期間】

2009年4月30日まで

 


アップデータ ePware Ver. 2.2.3
(『読んde!!ココ Ver.11 ファイリングOCR』同梱製品)
■2005.05.31
  [ 約 6.6 MB ] ダウンロード
 
【修正内容】
Adobe Acrobat 7.0 Standard/Professional、Adobe Reader 7.0 に対応

【アップデートの対象】
『読んde!!ココ Ver.11 ファイリングOCR』 にバンドルされております Ver.2.2.2.0 の「クセロ ePware Ver.2」です。
このバージョン以外のePware には適用できませんのでご注意ください。

【ePware のバージョンの確認方法】

ePware のバージョンは、ePware のキャビネットウィンドウの「ヘルプ」メニューから、「バージョン情報」を選択して表示されるスプラッシュ画面の左上に表示されます。


スプラッシュ画面
スプラッシュ画面
製品のバージョン
製品のバージョン
(スプラッシュ画面 
 左肩の赤枠の部分)

 

▲ページのトップへ
アップデータ ePware Ver. 2.2.3 ■2005.04.23
  [ 約 7 MB ] ダウンロード
 
【修正内容】
Adobe Acrobat 7.0 Standard/Professional、Adobe Reader 7.0 に対応

【アップデートの対象】
ePware 2003 (ver.2.2.1.0) 通常版
ePware 2003 (ver.2.2.1.0) Acrobat 6.0 Standard バンドル版
ePware 2003 (ver.2.2.1.0) Xelo PDF生成ドライババンドル版


【ePware のバージョンの確認方法】

ePware のバージョンは、ePwareのキャビネットウィンドウの「ヘルプ」メニューから、「バージョン情報」を選択して表示されるスプラッシュ画面の左上に表示されます。


スプラッシュ画面
スプラッシュ画面
製品のバージョン
製品のバージョン
(スプラッシュ画面 
 左肩の赤枠の部分)

 

▲ページのトップへ
アップデータ ePware Ver. 2.2.1 Xelo PDF生成ドライバーバンドル版 ■2004.08.10
  [ 約 5.6 MB ] ダウンロード
 
【修正内容】
1.) OCR エンジンを更新しました。
2.) Xelo PDF生成ドライバーバンドル版と ScanSnap とを連携して利用する際の ePware/ScanSnap Manager の具体的な設定方法についての説明書を追加しました。
(ePware/ScanSnap Manager の設定方法についての詳細は、スタートメニューに追加される説明書「ScanSnap 連携設定リファレンス」を参照してください。)

【アップデートの対象】
ePware Ver. 2.2 Xelo PDF 生成ドライバーバンドル版

▲ページのトップへ
アップデータ ePware Ver. 2.2.1 ■2004.08.10
  [ 約 7.6 MB ] ダウンロード
 
【修正内容】
1.) コマンドライン入力フォルダ機能に自動 OCR を追加しました。
この機能を利用することで PFU 製スキャナ ScanSnap と容易に連携して運用することができます。
2.) コマンドラインからの文書登録時に登録文書(ページ全体が画像だけからなる PDF ファイル、画像ファイル)に対して自動的に OCR 処理を実行するオプションを追加しました。
(ePware/ScanSnap Managerの設定方法についての詳細は、スタートメニューに追加される説明書「ScanSnap連携設定リファレンス」を参照してください。)

【アップデートの対象】
ePware Ver. 2.2.0
※ePware Ver. 1.X/2.0/2.1、エー・アイ・ソフト株式会社の「読んde!!ココ Ver. 10 ファイリング OCR Suite」に付属の ePware Ver. 2.2 は除く

【ePware のバージョンの確認方法】

ePware のバージョンは、ePware のキャビネットウィンドウの「ヘルプ」メニューから、「バージョン情報」を選択して表示されるスプラッシュ画面の左上に表示されます。


スプラッシュ画面
スプラッシュ画面
製品のバージョン
製品のバージョン
(スプラッシュ画面 
 左肩の赤枠の部分)

【注意】
本アップデータには、Xelo PDF 生成ドライバは含まれておりません。

 

▲ページのトップへ
  クセロ PDF OCR

アップグレード PDF OCR Ver. 1.50 ■2004.04.23
無償 PDF OCR の正規登録ユーザ様に対して、PDF OCR の最新版、Ver. 1.5 を無償配付いたします。
 
【追加・修正内容】
Adobe Acrobat 7.0 Standard/Professional に対応

【アップグレード方法】

ユーザ登録カードに記入していただいた電子メールアドレス、またはFAXに、アップグレード製品のダウンロードによる配付についてのご案内をお送りしております。アップグレードの方法について詳しくは、お手元に送付された電子メール/FAXをご覧ください。

まだこちらについてのお知らせが届いていないユーザ様は、弊社サポートセンターまでメールにてご請求ください。メールアドレスは製品マニュアル中に記載されております。

 

▲ページのトップへ
アップグレード PDF OCR Ver. 1.38 ■2003.10.03
無償 こちらのアップグレードの配布は終了しました。
PDF OCR の正規登録ユーザ様に対して、PDF OCRの最新版、Ver. 1.38 を無償配付いたします。
 
【追加・修正内容】
Adobe Acrobat 6.0 Standard/Professional に対応

▲ページのトップへ
  クセロ PDFTools (旧:製薬業向けPDF編集加工ツール)

アップグレード PDFTools Ver. 4.0 ■2009.04.17
有償 こちらのアップグレードサービスは終了しました。
PDFTools Ver.3.xの正規登録ユーザ様に対して、有償にて PDFTools の最新版、Ver. 4.0 へのアップグレードを受け付けいたします。
 
【追加・修正内容】
 



Windows Vista に対応
Adobe Acrobat 9.0 Standard/Professional に対応
機能を統合してより使いやすくなりました。
前バージョンにあった「アクセス制限」機能は割愛させて頂きました。

【アップグレードの受付期間】

2009年6月30日まで

 

▲ページのトップへ

アップグレード PDFTools Ver. 3.0.2 ■2007.02.13
無償 PDFTools Ver.3.0.xの正規登録ユーザ様に対して、PDFTools の最新版、Ver. 3.0.2 を無償配付いたします。
※PDFTools Ver.2.x (製薬行向けPDF編集加工ツール)からの無償アップグレードは終了しています。
 
【追加・修正内容】
 
○共通
Adobe Acrobat 8.0 Standard/Professional に対応
○結合
ファイル名をしおりに設定した場合、しおりが文字化けする問題を解決。
○しおり一括設定

しおりのOpen/Closeが正しく設定されない問題を解決。
最前面に開いているPDFファイルを対象としてしおりを設定した場合、設定処理に用いるCSVファイルの書式に問題があっても、ログ画面やアラートをなにも表示することなく終了していた問題を解決。

【アップグレード方法】

ユーザ登録カードに記入していただいた電子メールアドレス、またはFAXに、アップグレード製品のダウンロードによる配付についてのご案内をお送りしております。アップグレードの方法について詳しくは、お手元に送付された電子メール/FAXをご覧ください。

まだこちらについてのお知らせが届いていないユーザ様は、当Webサイトの製品サポートフォームよりご請求ください

 

▲ページのトップへ

アップグレード PDFTools Ver. 3.0.1 ■2006.02.14
無償 こちらのアップグレードの配布は終了しました。
PDFTools Ver.3.0.0の正規登録ユーザ様に対して、PDFTools の最新版、Ver. 3.0.1 を無償配付いたします。
 
【追加・修正内容】
1.)以下の不具合を修正
○しおり一括設定
フォルダ中のPDFファイルを対象に一括してしおりを抽出する際、設定に関わらずサブフォルダ中のファイルが抽出対象とならない問題を解決。
○テキスト抽出
フォルダ中のPDFファイルを対象に一括してテキストを抽出する際、設定に関わらずサブフォルダ中のファイルが抽出対象とならない問題を解決。
○日本語フォントチェック
処理結果を CSV ファイルに出力すると Acrobat が異常終了する問題を解決。
○マスク


特定のPDFファイルについて“イメージマスク”を作成し、“データ削除”を実行すると処理対象となった画像が黒一色に変化する問題を解決。
クリッピングマスクが施されている画像について“イメージマスク”を作成し、“データ削除”を実行するとクリッピングマスクが解除される問題を解決。
○文書情報一括設定
Acrobat 5.0.5 環境下で、文書情報の一括設定を実行すると Acrobatが異常終了する問題を解決。
○その他




フォルダ中の複数ファイルを対象に一括処理を行う際、処理対象となるフォルダの名前によっては、ファイルが認識できずに処理されない問題を解決。
フォルダ中の複数ファイルを対象に一括処理を行う際、処理結果の出力先となるフォルダの名前によっては、エラーを生じファイルが出力できない問題を解決。
ファイルバージョンの設定ルールの変更。

 

▲ページのトップへ

アップグレード PDFTools Ver. 3.0 ■2005.12.01
無償 こちらのアップグレードの配布は終了しました。
PDFTools(旧:製薬業向けPDF編集加工ツール)の正規登録ユーザ様に対して、PDFTools の最新版、Ver. 3.0 を無償配付いたします。
 
【追加・修正内容】
1.)以下の機能を追加
 ・電子納品:禁止文字チェック  ・検索
 ・電子納品:たばね  ・テキスト抽出
 ・電子納品:ページ番号設定  ・しおり一括設定
 ・電子納品:自動しおり  ・文書情報一括設定
 ・電子納品:ばらし  ・アクセス制限
   ・ツールアイコン

2.)対応OS、対応Acrobatのバージョンの変更

 

▲ページのトップへ
アップグレード PDFTools Ver. 2.2.1 ■2005.03.31
無償 こちらのアップグレードの配布は終了しました。
PDFTools(旧:製薬業向けPDF編集加工ツール)の正規登録ユーザ様に対して、PDFTools の最新版、Ver. 2.21 を無償配付いたします。
 
【追加・修正内容】
Adobe Acrobat 7.0 Standard/Professional に対応

 

▲ページのトップへ
アップデータ/アップグレード
■ 現行製品
サポート終了製品


  製品ラインナップユーザーサポート体験版ダウンロード製品の購入お問合せ プライバシーポリシー
総合トップ PDF 関連製品トップ販売店の皆様へ サイトマップ
Copyright Xelo,Inc.